残暑厳しい8月にはいりましたね。
8月の誕生石ということで今回の宝石小話は「ペリドット」です。

古代よりエジプト人はこの石を「太陽の宝石」と呼び、非常に高く評価していました。
光の石として夜の恐怖から所有者を護ったり、護符として身に着けることで悪霊を追い払ったりできると考えられました。

ところで、この石を最初に「ペリドット」と呼んだのはフランス人で、アラビア語のファリダット(faridat)=宝石がその由来です。
それまでは何と呼ばれていたのでしょう。

面白いことに、18世紀までペリドットはトパーズと呼ばれていたのです。
紅海(アフリカ東北部と、アラビア半島とに挟まれた湾)にある「トパジオス島」(Topazios 現在では「セントジョーンズ島」「ザバルガード島」)がペリドットの初期の産地として知られていますが、この島がいつも深い霧で覆われていて探すのに苦労したことから、ギリシャ語の探し求めるという意味の「トパゾス topazos」が語源となっています。

ペリドットはトパーズともよく混同されてきましたので、本家のほうが名前をペリドットと呼ぶようになったのです。

ペリドットの和名は「橄欖石(かんらんせき)」鉱物学ではオリビンと呼ばれれていますが宝石名として使われません。
火山性の宝石で、大抵地球の深部で形成され火山により地表へと運ばれたものです。
隕石としてのペリドットもありますが、極めて珍しいものになります。

ペリドットは、黄色味がかった緑色から緑色がかった黄色の色範囲の美しい石で、ライムグリーン、オリーブグリーンの鮮やかな色はエメラルドとはまた違った魅力のグリーンカラーです。

火山性の石ではありますが、ダイアモンドのように強いわけではありません。急激な温度変化や薬品には弱いので、お手入れについては超音波洗浄やスチーマーはとても危険で厳禁です。ご自身で行われるときは、刺激の強くない石鹸を溶かしたぬるま湯で優しく洗ってあげます。

強い洗剤などを使われるような時にはリングは外しましょう。
汗で汚れてしまったときなどは、しまう前には優しく拭いてあげてくださいね。


PietraMiaPD P
PietraMiaPD NC


コーディネート例は
クアラントット スタイリスト インスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto_stylist/

クアラントットインスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto/


GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
宝石学講座元講師
山本ウィリアム登喜生 Tokio WILLIAM Yamamoto

オパールの続編です。

ファイアーオパールと呼ばれるタイプは、背景色(地色)がレッド~オレンジ~イエローの透明~半透明外観を持ちます。
オパールの特殊効果「遊色効果」の有無は問われません。
*遊色効果があるものだけをファイアーとするのが正しいという意見もあります*

背景色とコントラストをなしてブルー、グリーン系の遊色効果が見られるものは、ホワイト、ブラック、ボルダー オパールとはまた違った趣がありとても神秘的です。
名前の通り炎がゆらめいているように見えます。

FireOpal-1.jpg

FireOpal-2.jpg


主要産地がメキシコなので「メキシコ(メキシカン)オパール」とも呼ばれますが、メキシコ以外でも産出していますのでこの表現は正しくありません。
その外観からか「ゴールド オパール」、「サン オパール」などと呼ばれることもあります。色の原因は、鉄の不純物と考えられています。

オーストラリア産オパールの形成過程では、乾燥地帯での大雨、地下水が関わっていましたが、ファイアーオパールは山地で火成岩系の母岩から産出します。
マグマの冷却、地中に発生した熱水溶液の作用で形成され、このような鉱床を熱水鉱床といいますが、同じオパールでも、全然違った環境で形成されているのです。



さてオパールの取扱注意事項ですが、少し柔らかめでデリケートな宝石ですので、大切に扱ってあげてください。

オパールは水分を含んだ宝石です。高熱や急激な温度変化、乾燥が原因で、「クレージング」という割れが発生することがあります。
夏場の直射日光下や熱がこもってしまうような場所(夏場の車中や日当りのいい窓の近くなど)、あるいは極端に乾燥するような場所へ置いておくことは避けましょう。
そしてこれは意外かもしれませんが、気密性の高い容器や金庫に保管すると水分が失われてクレージングが発生することがあります。
残念ながら、クレージングが発生してしまったオパールをお水に漬けても元には戻りません。

日頃のお手入れは、柔らかい布やセーム革で優しく拭いてください。毛の柔らかい歯ブラシを使って水やぬるま湯で洗っても大丈夫です。


クアラントット スタイリスト インスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto_stylist/

クアラントットインスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto/


GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
宝石学講座元講師
山本ウィリアム登喜生 Tokio WILLIAM Yamamoto
オパールに見られるあの神秘的な色光の輝きは、
「遊色効果(ゆうしょくこうか)」と呼ばれます。(英語ではplay of color)
色が遊ぶと書いて遊色効果、ぴったりな表現ですね!

それぞれの石が見せる遊色効果は、銀河、火山、花火、海、青空、自然界に見られる様々なものに例えられ、一つの石でも見る人によってイメージするものが違うのも楽しい宝石ですね。
古代ローマではこの宝石を愛と希望の象徴として「貴石」を意味する「オパルス」と名付けオパールの語源となっています。

オパールは結晶構造を持たない鉱物ですが、ミクロのレベル(3万倍下)でようやく確認できるほどのシリカの微小球体が整然と配列していて、そのサイズや均一性により遊色効果の有無や個性が決まります。

WオパールNチャーム導き



<オパールの種類について>

まず遊色効果の有無で大別され、遊色効果のない亜半透明から不透明なものを「ポッチ」あるいは「コモン」オパールと呼び、遊色効果を示すものは「プレシャス」オパールと呼ばれます。

プレシャスオパールの種類としてはその外観から次のように区分されます。
説明の前に押さえておいていただきたい用語が2つ。
石自体の地色のことを遊色効果の色と対比して「背景色」と呼びます。
宝石材の母岩のことを「メイトリクス」と呼びます。

「ブラック」・・背景色が半透明から不透明のブラックからダークグレーで遊色効果がある。
「ホワイト」・・背景色が半透明のホワイトからミディアムグレーまでで遊色効果がある。
「クリスタル」・・背景色が無色透明から亜透明で強い遊色効果がある。

これらは、横から見てドーム型になる「カボションカット」にされることが一般的です。

「ウォーター」・・背景色が無色透明から半透明で遊色効果は弱いか全く見られない。
「ファイアー」・・背景色が透明から半透明のレッド、オレンジ、イエロー、遊色効果の有無は問わない。

この2つは、透明度が高いのでファセットカット(平らな研磨面を持つ)されることが多いです。(前述のカボションにもカットされます)

「ボルダー」・・石の一部としてメイトリクスを含むように研磨する。(魅力的だが薄いオパール層の下部に母岩を残しておく)*塊状の石・岩石のことをボルダー(boulder)といい、本来は産状を示す用語であった。

画一的なカットには向かないので、変則的、ひとつとして同じものがないユニークなカットになります。


オパールの総生産の90%を供給するオーストラリア産オパールは、ブラック、ホワイト、ボルダーがあります。
冬に大雨が降り、雨水が岩の間をオパールの成分となるシリカを溶かしながら浸透していき、地下水となり岩石中の空隙を満たします。
夏には砂漠の太陽によって水が蒸発していき、シリカがその場に残されます。
この繰り返しが100万年を超えるオーダーとなり、オパールが形成されていくのです。

オーストラリアのオパール鉱床は、1500万年前から3000万年前に形成されたと考えられています。例外的にミンタビーという地域では4億年前に形成されたと考えられています。
砂漠の下でずーっと我々人間との出会いを待っていてくれたオパール達は、その神秘的な色光の輝きで、遠い昔の地球の記憶を語ってくれているような気がします。

その他の産地としては、ファイアーオパールで有名なメキシコ以外にもブラジル、エチオピアなどがあります。

<オパールの評価方法について>

一貫した評価をするためには環境が大事です。
ライティングは、自然光に近いもので極端に強いライトは避けます。
ライトの種類(蛍光灯、スポットライト、他)によって表情が変わるので購入する際は、状況を変えてみるのもおすすめです。

仕入れの際には細かいチェックポイントがありますが、ここではお店で購入する際のガイドとなる遊色効果の品質について考えてみます。

オパールの種類(つまりブラック、ホワイト、ファイアー、ボルダー等のどの種類なのか)によって好まれる遊色効果が異なります。
遊色効果のパターンは100石あれば100通りと様々です。遊色効果の一つの色の範囲を「班(ふ)」英語でパッチPatch といいます。

遊色効果はカラーが鮮やかなものほど価値は高くなります。
斑の色範囲は広いほうが評価は高くなります。
2色より3色、マルチカラー(最大は虹の7色赤から青紫まですべての色がでる)
優勢な色が何色かということも評価要素の一つです。

好まれる斑の色は、ブラックとホワイトオパールでは赤が高価となります。
ファイアーオパールではバイトレットが高評価です。

パターンとは遊色の配列の事です。代表的なものとして
ピンファイア・・点状の小さい班。一般的
フラッシュ・・広い面積 刷毛でさっと色付けしたようなかんじ
ハーレクイーン・・斑の形が長方形で班と班の境界線がはっきりとしている 最も高価

その他色の組み合わせなどで
ピーコック(孔雀)・・ブルーとグリーンで孔雀の羽の色
ブルーアース・・地球は青かった ソビエトの宇宙飛行士ガガーリンが宇宙から見た地球について言ったとか言わなかったとか
フレーム(炎)・・真っ赤で燃え盛る炎のようにみえる

そのパターンが何に見えますか?というところで専門家たちもいろいろとネーミングを考えています。ゴッホやピカソなど絵画や、パレットの絵の具。銀河や大空や海など大自然。

オパール選びは、個人の好みが最優先されるべきです。斑の色の範囲、パターンについても、専門家の意見はあくまでも参考に。


ボルダーオパールのラインナップがクアラントット全店で展開しています。

私事ですが、沖縄石垣島、竹富島に旅行したときに見た昼間の沖縄の海の色、西の浜辺で座って夕焼け空から夜空への変化してゆく空の色。
ボルダーオパールのグリーン、ブルー、バイオレット、そして赤やオレンジの色光はその時の光景を思い出させるものがあります。

一つとして同じものがないオパールですから、スタイリストと一緒に何に見えるか、色々語り合って楽しく選んでいただけたら幸いです。

ボルダーオパール写真4点2

コーディネート例は
クアラントット スタイリスト インスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto_stylist/

クアラントット インスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto/


GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
宝石学講座元講師
山本ウィリアム登喜生 Tokio WILLIAM Yamamoto


2017.05.03 はじめまして
皆さま、初めまして。
クアラントット鑑定士淵田さんから紹介していただきましたウィリアムです。

本当に不思議なご縁で、このたびクアラントットの一員となることができました。
淵田さんと私のご縁というのは宝石学校から始まりプライベートまで公私にわたるものがありました。

幾つもの偶然が重なって出来る美しい宝石たち。
一つ一つの偶然はその宝石にとってはすべて必然の事だった・・・
私がクアラントットに入社することになったのも、この宝石の誕生のごとくに運命的なご縁(ちょっと大げさな表現でしたか!)があったのではと思っております。

また、クアラントット本社のある神戸、三宮元町エリアは私にとってはホームグラウンドであり、私がこの地に戻ってくることになったのも、深いご縁を感じることの一つであり、とても嬉しいことです。

クアラントットのジュエリーや宝石が大好きな皆様に、ジュエリーをさらに深く楽しんでいただけるような情報を、この鑑定士ブログやイベント等をとおして発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
宝石学講座元講師
山本ウィリアム登喜生 Tokio WILLIAM Yamamoto

GB1用小
たいへんご無沙汰しておりました(~_~;)


実は今日はみなさまに2つのお知らせがございます!


①クアラントット銀座店がオープン

ご存知の方もすでにご来店いただいた方もおられるかもしれませんが、
2017年4月20日に銀座店がオープンいたしました!

銀座6丁目と5丁目をまたぐ旧大丸松坂屋跡地に
GINZA SIXという大きな建物が完成いたしまして、
その2階の中央あたりにクアラントット銀座店ができました!

ブランド創設10周年のタイミングでの銀座店は、社員一同非常に感慨深いものがありました。

それもすべてこの10年間、クアラントットを支え応援して下さったお客様、お取引先、スタッフに恵まれたおかげだと思います。

この場を借りて、改めて御礼申しあげます。

銀座店は壁の塗装から什器やディスプレイに至るまで、ほぼ社員の手作業で仕上げました。

ブランド創設以来ずっとお付き合いのある、イタリア、フィレンツェの額屋さん、ランプ屋さん、家具屋さんたちの様々な手作りのもの、
壁面にはデザイナーAika Fushimiの描いた鳥人間シリーズの原画が20枚ほど展示しており、
クアラントットの世界観を凝縮した、あたたかい、ほっこりした空間となっております。
銀座にお越しの際は、ぜひ遊びに来てくださいませ!

ファッションやビューティー、飲食のフロアも充実しており、地下には能楽堂があり日本文化の発信もされ、なかなか見ごたえのある館です。
私個人的にはワインがグラスで座って飲める地下のエノテカ、コーヒーと本が楽しめるアートがテーマの6階の蔦屋、最上階のレストランと屋上庭園などが気に入っています。

そしてもちろん、クアラントットの美しいジュエリーたちもショーケースの中で皆さまをお待ちしておりますm(__)m


②私の宝石の恩師が入社いたしました!

私は宝石学を、ダイアモンドの4Cという基準をつくったGIA (米国宝石学会 )で学んだのですが、
当時お世話になった恩師に、なんとこのたびクアラントットに入社してもらうこととなりました。

私自身、まさか恩師と共に働くことができるとは夢にも思っていませんでしたが、
これも本当に不思議なご縁に恵まれたとしか言いようがありません。

仕入れ、検品、企画、教育等、様々な業務をこれからは恩師と手分けして行うことができるので、これを機にクアラントットをより一層深く掘り下げて皆様に愛され信頼されるブランドに育てていきたいと思っています。

ちなみに、その恩師のミドルネームが厳選なる社内投票の結果(ご存知の方もおられるかもですが、
クアラントットのスタッフはミドルネームがついているのです^ ^)

ウィリアム先生

と決定いたしました!

生まれも育ちも神戸で、ご実家はジュエリーに関するお仕事をされておられたとのことで、まさに宝石の先生になるべくの環境と教育に関するキャリアを持つウィリアム先生ですので、
クアラントットのイベントやこちらの鑑定士ブログ、将来的には顧客さまが宝石を学べる機会の場をつくれたらと思っておりまして、
今後、皆様とコミュニケーションの機会も必ずあると思います。
その際はぜひ宝石に関する質問など気軽にしてみてくださいね。

これからも今まで同様、ウィリアム先生の加入でパワーアップしたクアラントット、鑑定士ブログを、
今後とも引き続きどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m




GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
淵田 大介 / Daisuke Fuchida