FC2ブログ
残暑厳しい8月にはいりましたね。
8月の誕生石ということで今回の宝石小話は「ペリドット」です。

古代よりエジプト人はこの石を「太陽の宝石」と呼び、非常に高く評価していました。
光の石として夜の恐怖から所有者を護ったり、護符として身に着けることで悪霊を追い払ったりできると考えられました。

ところで、この石を最初に「ペリドット」と呼んだのはフランス人で、アラビア語のファリダット(faridat)=宝石がその由来です。
それまでは何と呼ばれていたのでしょう。

面白いことに、18世紀までペリドットはトパーズと呼ばれていたのです。
紅海(アフリカ東北部と、アラビア半島とに挟まれた湾)にある「トパジオス島」(Topazios 現在では「セントジョーンズ島」「ザバルガード島」)がペリドットの初期の産地として知られていますが、この島がいつも深い霧で覆われていて探すのに苦労したことから、ギリシャ語の探し求めるという意味の「トパゾス topazos」が語源となっています。

ペリドットはトパーズともよく混同されてきましたので、本家のほうが名前をペリドットと呼ぶようになったのです。

ペリドットの和名は「橄欖石(かんらんせき)」鉱物学ではオリビンと呼ばれれていますが宝石名として使われません。
火山性の宝石で、大抵地球の深部で形成され火山により地表へと運ばれたものです。
隕石としてのペリドットもありますが、極めて珍しいものになります。

ペリドットは、黄色味がかった緑色から緑色がかった黄色の色範囲の美しい石で、ライムグリーン、オリーブグリーンの鮮やかな色はエメラルドとはまた違った魅力のグリーンカラーです。

火山性の石ではありますが、ダイアモンドのように強いわけではありません。急激な温度変化や薬品には弱いので、お手入れについては超音波洗浄やスチーマーはとても危険で厳禁です。ご自身で行われるときは、刺激の強くない石鹸を溶かしたぬるま湯で優しく洗ってあげます。

強い洗剤などを使われるような時にはリングは外しましょう。
汗で汚れてしまったときなどは、しまう前には優しく拭いてあげてくださいね。


PietraMiaPD P
PietraMiaPD NC


コーディネート例は
クアラントット スタイリスト インスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto_stylist/

クアラントットインスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto/


GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
宝石学講座元講師
山本ウィリアム登喜生 Tokio WILLIAM Yamamoto