FC2ブログ
オパールの続編です。

ファイアーオパールと呼ばれるタイプは、背景色(地色)がレッド~オレンジ~イエローの透明~半透明外観を持ちます。
オパールの特殊効果「遊色効果」の有無は問われません。
*遊色効果があるものだけをファイアーとするのが正しいという意見もあります*

背景色とコントラストをなしてブルー、グリーン系の遊色効果が見られるものは、ホワイト、ブラック、ボルダー オパールとはまた違った趣がありとても神秘的です。
名前の通り炎がゆらめいているように見えます。

FireOpal-1.jpg

FireOpal-2.jpg


主要産地がメキシコなので「メキシコ(メキシカン)オパール」とも呼ばれますが、メキシコ以外でも産出していますのでこの表現は正しくありません。
その外観からか「ゴールド オパール」、「サン オパール」などと呼ばれることもあります。色の原因は、鉄の不純物と考えられています。

オーストラリア産オパールの形成過程では、乾燥地帯での大雨、地下水が関わっていましたが、ファイアーオパールは山地で火成岩系の母岩から産出します。
マグマの冷却、地中に発生した熱水溶液の作用で形成され、このような鉱床を熱水鉱床といいますが、同じオパールでも、全然違った環境で形成されているのです。



さてオパールの取扱注意事項ですが、少し柔らかめでデリケートな宝石ですので、大切に扱ってあげてください。

オパールは水分を含んだ宝石です。高熱や急激な温度変化、乾燥が原因で、「クレージング」という割れが発生することがあります。
夏場の直射日光下や熱がこもってしまうような場所(夏場の車中や日当りのいい窓の近くなど)、あるいは極端に乾燥するような場所へ置いておくことは避けましょう。
そしてこれは意外かもしれませんが、気密性の高い容器や金庫に保管すると水分が失われてクレージングが発生することがあります。
残念ながら、クレージングが発生してしまったオパールをお水に漬けても元には戻りません。

日頃のお手入れは、柔らかい布やセーム革で優しく拭いてください。毛の柔らかい歯ブラシを使って水やぬるま湯で洗っても大丈夫です。


クアラントット スタイリスト インスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto_stylist/

クアラントットインスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto/


GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
宝石学講座元講師
山本ウィリアム登喜生 Tokio WILLIAM Yamamoto