FC2ブログ
ご無沙汰しております(~_~;)

2016年のクアラントットはおかげさまで

3月 表参道ヒルズ店
5月 京都高島屋店
12月 イタリア・フィレンツェ本店

と3店舗をオープンさせていただきました。

私自身も、クアラントットのクォリティコントロール責任者として素材の仕入れ、鑑定、選別、新しい商品や素材の企画、開発、など様々な仕事をさせていただきました。

一年を通じては、百貨店外商のお客様、12月の大阪高島屋のイベントでは、長年お付き合いのある顧客様や新規のお客様と、直接クアラントットのことや宝石のことなどをお話しさせていただく機会に恵まれました。

普段店頭には出ずどちらかと言えば裏方の仕事をしている私にとって、それらの時間は貴重で且つとても楽しい時間でした。

お話しさせていただいたお客様、本当にありがとうございました!

特に今年、社内で常々全スタッフで共有したことは、クアラントットのジュエリーをお嫁にもらってくださるお客様がいてくださるからこそ、私達が仕事をさせていただけているということでした。

クアラントットは2017年、いよいよ10周年を迎えます。

世界のどの大都市にも店舗を構えておられるジュエリーブランドや、日本の老舗、有名ブランドさんとクアラントットが同じ目線でジュエリーを語ることは少々気が引けます。

ただこの10年間、毎日のようにジュエリーに真剣に向き合いそれらの経験を通じてわかったことは、クアラントットのジュエリーの持つ特別なちからです。(パワーストーンという意味合いではなく)

お客様がクアラントットのジュエリーをお迎えしていただく理由は様々です。

がんばったご自分へのご褒美に、愛する方へのギフトに、これからの人生を共に歩む大切なパートナーとの証として…

生きていくのに必ず必要である大切なお金を、決してプチプラとは言えないクアラントットのジュエリーに投じていただくということは、本当に嬉しくありがたいことです。

そしてそこには作り手として、とても大きな責任を感じます。

デザイナーAIKA FUSHIMIが創り出す、絵画的で哲学的なジュエリーたちは、他のどのジュエリーブランドさんとは全く異なるものです。

またクアラントットの店頭に立っております、それぞれ名前も性格も特徴あるスタッフが、日々ご提案する接客も、きっと他のブランドさんとは違うと思います。

私は宝石鑑定士として、またクォリティコントロールの責任者として、クアラントットの唯一無二のクリエーションをさらに価値あるものにするため、お客様に心から満足したいただくために、最高の素材、最高の品質をどこまでも追求していかなければと、日々仕事をさせていただいています。

幸いに宝石というものは、ダイアモンドやパール、カラーストーン、金やプラチナといった素材は、それぞれ定められた基準があります。

クアラントットでは、それらの基準を重視しながら、常々最良の素材、品質を追求し、時にイタリアや日本の熟練職人の技術をミックスして、お客様にとって、一生もの、となるジュエリーをお届けできるよう日々研鑽しております。


鑑定士ブログは2016年後半はなかなかアップできませんでした。
2017年がんばります^ ^


またこの場を借りて、少しご紹介させていただきたいのですが…

自分自身がそうですが、これも時代の流れでしょうか!?
最近はブログよりインスタを見ることが増えてきました。

実はクアラントットのインスタもお客様へのニュース、発信としてけっこう頻繁に写真や情報をアップしております。

2017年も、デザイナーズブログ、スタイリストブログ、鑑定士ブログ共々、クアラントットのインスタグラムも、この場を借りどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

みなさま、良いお年を!

クアラントットインスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto/






GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
淵田 大介 / Daisuke Fuchida