FC2ブログ

今週末、夏らしいカラーのカルセドニーのピアスキャッチの新作が登場いたします!

今回ご紹介する写真は、それらに使用いたしましたルース(裸石)となります。
完成品のジュエリーの写真は、ご用意でき次第改めてご紹介させていただきます。








カルセドニーは日本語では玉髄(ぎょくずい)と呼ばれています。


先日こちらのブログでご紹介いたしましたルチルクォーツが属する鉱物クォーツ(石英)の変種がカルセドニーです。




石英の非常に細かい結晶が網目状に集まり、緻密に固まったものでその中でも美しいものが宝石として扱われます。

クアラントットで夏の定番人気のクリソプレーズは緑のカルセドニー、カーネリアンは赤いカルセドニーです。


クリソプレーズ



カーネリアン




瑪瑙(メノウ)と呼ばれるアゲート、ジャスパー、ブラッドストーンなどもカルセドニーとなります。

それぞれがカラーも産地も違いまして、私自身それらが同じ鉱物であるとはGIAで学ぶ以前は全く思っていませんでしたので、それを知った時はびっくりしました。

ちなみに黒い瑪瑙(メノウ)はブラックオニキスと呼ばれており、黒い宝石の代表選手のような存在です。

カルセドニーのモース硬度は6.5~7.0ですので、普段使いに長く愛用できるという強度面でも適しています。


新作カルセドニーですが、ミントグリーン、ライトピンク、ラベンダーの三色展開です。
それぞれとても可愛らしいカラーとなっております。

ただしこれらのカラーは染色されておりますので、染色カルセドニーと呼ばれています。
もちろん人工ではなく天然のカルセドニーですのでご安心くださいませ。








またルチルクォーツ、ラベンダークォーツ(別名スコロライト)も数点ご用意いたしました。


ルチルクォーツ





ラベンダークォーツ







私自ら美しいピースのみを厳選したところ、あまり多くのご用意ができず、初回分はそれぞれ各店1~2ペアずつとなってしまいました…。

万が一売切れの場合は大変申し訳ありませんが、次回入荷まで気長にお待ちいただきたく思います。

クアラントットのショーケースに並ぶ、クォーツの変種カルセドニーは、宝石として凛とした雰囲気を持つダイアモンド、パール、三大宝石(エメラルド、ルビー、サファイア)とはまた違った魅力を持った大変親しみやすい宝石です。

ぜひ店頭でご覧になってくださいませ!


GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
淵田 大介 / Daisuke Fuchida