FC2ブログ

本日はあこやパールをご紹介させて頂きます。





その昔、コロンブスも日本のパールの美しさに憧れたと言います。

また万葉集には56首も真珠にまつわる歌が詠まれています。





現在、世の中に出回っているあこやパールは主に日本、中国、ベトナムで生産されており、アコヤガイを使って養殖されております。

こちらがアコヤガイです。






パールの養殖といえば、三重の鳥羽にあるミキモト真珠島に行かれたことがある方もおられるのではないでしょうか?





余談ですが私も小六の修学旅行で行った思い出の地です。
しかし毎日のようにパールと向き合う仕事をすることになるとは当時夢にも思いませんでした。
人生は本当に不思議です。



あこやパールの特徴はというと、キメがとても細かく、透明感がありながらも鏡のような光沢(テリ)を合わせ持っているところです。





あこやパールは三重や愛媛、九州で養殖されています。
日本では比較的暖かい海ですが、世界的に見れば海水真珠の採れる最も北の海となり、その冬の海の冷たさこそが日本のあこやパールの美しさを生み出しているのです。

ちなみにクアラントットのあこやパールは、三重のパール専門業者さんから直接買い付けを行い当社の基準に合った美しいものだけをかなり厳選して仕入れております。

もう1つのあこやパールの特徴は、バランスの良い球体です。




これは、他の貝に比べ、球体での出現率が70%と高い為です。

タヒチパールは30~40%、南洋パールは25~40%、淡水パールはたったの2%です。

タヒチの球体



ゴールド南洋の球体




あこやパールの色にも特徴があります。

一般的にあこやは白というイメージがあると思います。
しかし白は白でもピンクっぽい白もあればグリーンっぽい白もあります。
ピンク系のパールを身につけると柔らかい雰囲気になりますし、グリーン系だとスッキリさわやかな雰囲気に見えます。

ピンク系



グリーン系




厳格で気品を感じさせる日本のあこやパールですが、不思議なことに女性が身に着けると真珠以上に女性の方が輝いて見えるのです。

着ける人の潜在的な女性らしさを引き出し、女性を輝やかせヒロインにしてくれるのですから、これほど頼もしい宝石はありませんね!

ぜひクアラントットのあこやパールのジュエリー達、店頭でご覧になってくださいませ^ ^


GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
淵田 大介 / Daisuke Fuchida