FC2ブログ

とても美しい南洋パール(South Sea Pearl)のバロックケシパールが入荷いたしました!





南洋パールは、主にオーストラリア、インドネシア、フィリピンなどで、白蝶貝を母貝に産まれます。

あこや真珠に見られる鏡のような表面ではなく、やわらかくて滑らかな光沢を持っているのが特徴です。




ケシパールとは、貝の中に偶然入った砂や小さな異物がパールになったもので、人の手を加え核を入れてつくられるものではなく、芯まで真珠層の天然の真珠です。






上の写真は南洋パールの母貝です。

一般的にはあまり見る機会は無いかと思います。

パールは常日頃から見ている私ですが、実際に母貝を見る機会が無かったので、
取引先の三重のパール屋さんに、無理言って手配していただきました。
横幅20cm、高さ15cmほどあります。

Nさん、ありがとう!
ようやくデビューさせてあげることができました^ ^

ケシパールとは、まるでケシの実のように小さいのでそのように言われるようになりました。

あこややタヒチのケシパールもクアラントットではあつかっておりますので、
また改めてご紹介させていただきます。

バロックとは変形、異形の意味です。


南洋やタヒチは水温の高い海で育ちますので、あこやと比べ成長が早く、またサイズも大きいものができます。

パールの最大の特徴である、オリエント効果といわれる特殊効果も魅力です。

見る角度や光の当たり方で虹色のカラーが眩しく輝きます。

特に今回のバロックだとそれがより一層引き立っております!

オパールの遊色効果とはまたひと味違う美しさがありますね。


貝の外側、内側のアップです。







今週末からクアラントット全店舗で登場する、南洋パールのピアスキャッチ、ピアス、イヤリングチャーム、ブレスレットの新先をご紹介させていただきます!
















あたたかい海で育った、形も大きさもすべてちがう個性的で美しい南洋バロックケシパール、
ぜひ店頭でご覧になってくださいませ!






GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
淵田 大介 / Daisuke Fuchida