FC2ブログ
昨夜はとても涼しかったですね。
8月ももう終わり、秋へと着実に季節が進んでいます。

今日の紹介させていただきたいのはバロック・パールについてです。

バロック パール とは不規則な形状を持つ真珠を指します。
由来はいびつな形を指すポルトガル語の「barroco」から来ているといわれています。
16世紀後半から18世紀かけてヨーロッパ各国に広まった美術・建築・文化の様式「バロック」も真珠バロックから転じたとされます。

バロック様式の特徴として、複雑さ、多様性などのキーワードがありますが、1つ1つがユニークな存在であるバロック(パール)がそんな芸術様式を表す用語になったのも頷けますね。
はじめてそのことを知ったときは、真珠を扱うものとして少し嬉しい誇らしい気持ちになったのを覚えています。

今週末の新作達も個性豊かなバロックパールが使われています。

アコヤ養殖真珠の「コンテ」、別の真珠になるはずだったのに、お互いが大好き過ぎて「いつまでも一緒に!」とくっついてしまった仲良し真珠です。
真珠の中でもアコヤの光沢はとてもクールで、特にこのツイン、トリプルの輝きは丸い真珠に比べてもとても強いですね。

ConTeアコヤTrip P

ConTeアコヤP


暖かい海でできる南洋養殖真珠やタヒチ養殖真珠はアコヤに比べると柔らかい優しい光沢感を持ちます。

「フォスキア マットゥティーナ 【朝もや】」
「マーリ・デル・スッドゥ【南の海】」
「コルポ・チェレステ【天体】」

朝もやN

朝もやCa SSP Gr

南の海Ca

天体NC1


真珠の色には3つの要素があります。最も目立つ基本的な本体の色が 「地色(ボディーカラー)」、そして真珠層での光の干渉による 「オーバートーン」、と 「オリエント」。

アコヤ真珠の地色はホワイト、クリーム、希少ですがゴールド。南洋真珠は、ホワイト、シルバー、クリーム、ゴールド。タヒチでは、ブラック、様々な濃さのグレー、ゴールドもあります。

これらの地色に覆いかぶさるように見られる、ピンク、パープル、ブルー、グリーンなどの色光がオーバートーンです。

バロックの形に変化のある場所付近にみられる虹色の光がオリエントになります。

これらの組み合わせにより、時に幻想的なカラーの変化を見せてくれるバロックは、ある意味真珠の<色の魅力>を一番持っているということが言えると思います。

是非各店にてその魅力をお確かめください。

コーディネート例は
クアラントット スタイリスト インスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto_stylist/

クアラントットインスタグラム
https://www.instagram.com/quarantotto/


GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
宝石学講座元講師
山本ウィリアム登喜生 Tokio WILLIAM Yamamoto


本日はあこやパールをご紹介させて頂きます。





その昔、コロンブスも日本のパールの美しさに憧れたと言います。

また万葉集には56首も真珠にまつわる歌が詠まれています。





現在、世の中に出回っているあこやパールは主に日本、中国、ベトナムで生産されており、アコヤガイを使って養殖されております。

こちらがアコヤガイです。






パールの養殖といえば、三重の鳥羽にあるミキモト真珠島に行かれたことがある方もおられるのではないでしょうか?





余談ですが私も小六の修学旅行で行った思い出の地です。
しかし毎日のようにパールと向き合う仕事をすることになるとは当時夢にも思いませんでした。
人生は本当に不思議です。



あこやパールの特徴はというと、キメがとても細かく、透明感がありながらも鏡のような光沢(テリ)を合わせ持っているところです。





あこやパールは三重や愛媛、九州で養殖されています。
日本では比較的暖かい海ですが、世界的に見れば海水真珠の採れる最も北の海となり、その冬の海の冷たさこそが日本のあこやパールの美しさを生み出しているのです。

ちなみにクアラントットのあこやパールは、三重のパール専門業者さんから直接買い付けを行い当社の基準に合った美しいものだけをかなり厳選して仕入れております。

もう1つのあこやパールの特徴は、バランスの良い球体です。




これは、他の貝に比べ、球体での出現率が70%と高い為です。

タヒチパールは30~40%、南洋パールは25~40%、淡水パールはたったの2%です。

タヒチの球体



ゴールド南洋の球体




あこやパールの色にも特徴があります。

一般的にあこやは白というイメージがあると思います。
しかし白は白でもピンクっぽい白もあればグリーンっぽい白もあります。
ピンク系のパールを身につけると柔らかい雰囲気になりますし、グリーン系だとスッキリさわやかな雰囲気に見えます。

ピンク系



グリーン系




厳格で気品を感じさせる日本のあこやパールですが、不思議なことに女性が身に着けると真珠以上に女性の方が輝いて見えるのです。

着ける人の潜在的な女性らしさを引き出し、女性を輝やかせヒロインにしてくれるのですから、これほど頼もしい宝石はありませんね!

ぜひクアラントットのあこやパールのジュエリー達、店頭でご覧になってくださいませ^ ^


GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
淵田 大介 / Daisuke Fuchida



南洋パールに続いて、今日はタヒチパールをご紹介させていただきます!



タヒチ=フランス領ポリネシアで世界のタヒチパールの95%が養殖されており、クアラントットの扱うパールもこの地域から輸入されたものです。

タヒチといえば画家ゴーギャンが晩年移り住んだリゾート地でも有名です。





いつか行ってみたいです^ ^


タヒチ真珠の母貝は、黒蝶貝(クロチョウガイ)です。





貝の手配、Nさんありがとう!

養殖パールは、核というものを貝の中に人工的に入れることによってつくられのですが、
タヒチパールは、核を入れるまでに約30~36ヶ月、その後約18~24ヶ月の成長期間があり、計4~5年ほどかけて完成します。

ちなみに南洋パールは20~36ヶ月と18~36ヶ月の、計3~7年、
あこやパールは24~36ヶ月、6~24ヶ月の、計2年半~5年です。

ただし貝の性質と水温の関係もあり、あこやは6~7mm、南洋パールは10~15mm、タヒチパールは9~11mmが一般的なサイズとなっています。



南洋パールの白蝶貝、タヒチパールの黒蝶貝ですが、貝を開いたときに蝶のように見えるということでそう名付けられました。

黒蝶貝のアップです。
オリエントと言われり特殊効果が神秘的ですね!



クロチョウガイは、ブラックリップとも呼ばれ、これはタヒチパールの特徴である珍しいカラーを生み出す唯一の貝です。

カラーはピーコック、オーベルジーン(ナス)、ピスタチオなどと名付けられています。

パールには色相があり、寒色系と暖色系に分かれています。



タヒチパールはブラックカラーが代表的なのですが、クアラントットでは今回大変珍しい美しいグレーカラーの個性的なタヒチパールを仕入れることができました!

グレーと言っても、シルバーぽかったり、光の当たり具合ではブラックにも見えたりします。
今までなかなかお目にかかれないとても不思議なカラーでしたので、クアラントットのデザイナーが白夜パールと名付けました!



これから暑くなるこの季節、Tシャツやシャツのシンプルな装いと非常に合わせやすいカラーだと思います。

今回はピアスキャッチ、ピアス、イヤリングチャームに仕上げました。






またお客様が揺れるタイプがお好みの場合はチェーンの長さもお選びいただけるよう(チェーン代金は有料となります)、この週末から1ヶ月間、クアラントット全店にてパールのオーダー会を開催いたします。

まずはお客様と目が合ったお好みのパールをお選びいただき、ピアスキャッチかチャーム、又はイヤリングチャームにお仕立ていたします。

当社の熟練の職人がひとつひとつ大切に穴あけ加工、金線加工を丁寧に施します。

お客様だけの白夜パールとの出会い、
ぜひ店頭で楽しんでみられませんか?




GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
淵田 大介 / Daisuke Fuchida

とても美しい南洋パール(South Sea Pearl)のバロックケシパールが入荷いたしました!





南洋パールは、主にオーストラリア、インドネシア、フィリピンなどで、白蝶貝を母貝に産まれます。

あこや真珠に見られる鏡のような表面ではなく、やわらかくて滑らかな光沢を持っているのが特徴です。




ケシパールとは、貝の中に偶然入った砂や小さな異物がパールになったもので、人の手を加え核を入れてつくられるものではなく、芯まで真珠層の天然の真珠です。






上の写真は南洋パールの母貝です。

一般的にはあまり見る機会は無いかと思います。

パールは常日頃から見ている私ですが、実際に母貝を見る機会が無かったので、
取引先の三重のパール屋さんに、無理言って手配していただきました。
横幅20cm、高さ15cmほどあります。

Nさん、ありがとう!
ようやくデビューさせてあげることができました^ ^

ケシパールとは、まるでケシの実のように小さいのでそのように言われるようになりました。

あこややタヒチのケシパールもクアラントットではあつかっておりますので、
また改めてご紹介させていただきます。

バロックとは変形、異形の意味です。


南洋やタヒチは水温の高い海で育ちますので、あこやと比べ成長が早く、またサイズも大きいものができます。

パールの最大の特徴である、オリエント効果といわれる特殊効果も魅力です。

見る角度や光の当たり方で虹色のカラーが眩しく輝きます。

特に今回のバロックだとそれがより一層引き立っております!

オパールの遊色効果とはまたひと味違う美しさがありますね。


貝の外側、内側のアップです。







今週末からクアラントット全店舗で登場する、南洋パールのピアスキャッチ、ピアス、イヤリングチャーム、ブレスレットの新先をご紹介させていただきます!
















あたたかい海で育った、形も大きさもすべてちがう個性的で美しい南洋バロックケシパール、
ぜひ店頭でご覧になってくださいませ!






GIA GG(米国宝石学会 宝石学修了者)
クアラントット宝石鑑定士
淵田 大介 / Daisuke Fuchida